読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あずきーなの日記

漫画好き、ロック好き、手作り好き、イラスト描き好き、映画好き

すべてのピースが組み替わって違う絵が現れるような衝撃。エスターレビュー

「この娘、どこかが変だ。」

のキャッチコピーにずっと惹かれていたエスターを閲覧しました!

 

下からネタバレ注意。

 

【希望・予想】

エスターが場にいるとなぜかおかしなことや事件が起こる、というようなオカルト系。エスター自身はかわいい女の子なのに恐れられている、みたいな話を予想してました。

 

【鑑賞後】

キャッチコピーに偽りなし・・・。

そうきたかって感じでした。エスターの秘密が暴かれていく部分は鳥肌ものでした。

 

 

エスターの正体がわかるまでは、実は「あ〜〜〜〜はいはい、よくある残虐少女の話ね・・・過去になんかかわいそうな色々な事件かなんかあってサイコパスになったんだね」と思ってました。

まあ、小さな足音が怖く感じる演技はすごかった。

 

でもエスターが実はエスター(8)でなく、エスター(33)だったとわかってからは・・・!!!今までのシーンを思い返して、すべてのピースが組み替わって違う絵が現れるような、そんな気分でした。

 

孤児院で子供達と遊ばないのは話が合わないから。

そういえばエスターと初めて出会ったのはママじゃなくてパパの方だった。初めから(エスター的には)パパに色目を使っていたのか〜。

 

学校に行く服装にこだわって周りに合わせないのは、ガキどもに合わせてまで仲良くする気が初めから無いから。

それに「誰がなんと言おうと私はこれが好きだからこれを着る」というのは、KYになっていじめられたく無い10代ではなかなかよね。自分というものを掴み始める30代の考え方だよね(多分)。

でも個人的にはエスターの私服めっちゃかわいいと思ってました。

 

でも、なんで清楚な少女の格好が好きだったんだろうか。

大人どもを欺くためとも考えられるし、

個人的にはエスター33歳の色欲を抑え込む鎧のような役割もあったと考える方が面白いなと思いました。

 

エスターはなぜこんなことを繰り返していたのだろうか。

女性として愛されたかったのは、パパを誘惑するシーンでわかる。

孤児院にいて家族に迎え入れてもらってからの誘惑、とする必要はなんだったのか。

家族を乗っ取りたかったのかな、もともといる嫁を追い出して。

すでに愛しあっているカップルを寝とることがエスターの欲望を満たすキーだったのかな。

エスターが精神病院に行った理由はそういえばなかった気がするけど、それこそエスターの父親がどこかの女に誘惑されて家庭崩壊したトラウマを抱えていたのかもしれないね。

 

これを見てきっとみんな思うのは、「やっぱ子供を引き取るのって大変そう」かなと。

意図的だと思うけど、情緒不安定になった息子をほったらかしたり、怪しいとはいえエスターにあからさまに冷たくしたり、本当に子供を引き取っていたらやっちゃいけないだろってことのオンパレード。

製作陣は視聴者に「安易には子供を引き取るなよ」っていう忠告がしたかったのかしら。

 

最後に、エスター役の少女。

すごく美人というわけでも無いけど、黒髪と意志の強い瞳がとても魅力的で、この子が主役でよかったなあと思いました。狂気の演技もうまい、すごい。

今後の活躍に期待!

希望は生きる力に応用力を与えてくれる。「ショーシャンクの空に」レビュー。

ショーシャンクの空に、レビュー。

 

簡単なあらすじ

-------------------

1994年に公開されたアメリカ映画。刑務所内の人間関係を通して、冤罪によって投獄された有能な銀行員が、腐敗した刑務所の中でも希望を捨てず生き抜いていくヒューマン・ドラマ。

-------------------

 

名作と名高かったので、見てみました!

見終わった直後の感想は、実は「ふーん・・・」でした。いい映画だけど、私には熱く心に響くものはなかったです。

しかし名作と名高い一作、多くの人の心を打っている事実があります。

そこでいろいろと思い返し、私なりに感じた魅力を考えてみました。

 

 

感じたこととその理由****以下ネタバレ注意!!

 

生きるって大変・・・でも人間というのは思ったよりも強く出来ている。しかし強く生きるためには希望がないといけない。

 

心を強くもち、状況に腐らずよりよい生き方を行おうとしたアンディ。

よくぞそんな状態でも生きられるな!と思うことばっかりです。特に最初の二年間・・・orz

反面、仮釈放でシャバに出た途端に心が折れ、 死に安心を求めたブルックス

 

分けたものは何か、それが多分作品のテーマである「希望」。

その日その日をやり過ごせればいいという目先の考えしかないと、環境が変わった途端にそれまでのやり方が通用せず、柔軟に対応ができなくなるんですね。

 

アンディは「脱獄」という希望を持っていましたが、それに向かう方法をいくつも用意していたように思います。

ホモに狙われていたひどい状態のときは、単なる時間稼ぎという方法。 

図書室にいた頃は、弱みを握ったり情報を得て何か活かせるかもという方法。

 

ゴールを持っているからこけても前を見ることができる。そしてゴールを知っているから、ただ一つのやり方を延々を行うのではなく、ゴールのための他の道を模索できるのだと思いました。

 

生きる力に応用力があるのかも。

目標は生活を変える。ということは、希望は人生を変える?

 

同時に、ショーシャンクにいるみんなにも希望を与えようと促したアンディは本当に素晴らしいと思います。

 

 

こうやって書いてると、やっぱ素晴らしいテーマを取り扱っているのだなあと思いました。

他の人のレビューも読んでみようと思います!

そしてハンニバルへ・・・

ネタバレ注意!!

 

羊たちの沈黙に心底惹かれたので、楽しみにしていましたハンニバル

あれのその後を描くのは難しいかなと思いつつも、博士のその後が見れるのは嬉しい。

前知識無しで見ました。

saori9028.hateblo.jp

 

なんだかいろいろ残念でした・・・。

私が思う一番の原因は、クラリスのキャラが変わったことだと思います。

 

ハンニバルクラリスには「儚さ・弱さ・あどけなさ」が足りない。

クールで真面目なのはいいけど、あまりにも強そうすぎる。

現場の男たちを弾き飛ばすパワーがあって、可愛げがあまりない。

クラリスは体力もあるし知力もある凛々しい女性だけど、

背の高い男たちに囲まれるだけでなんとなく落ち着かなくなるくらいのか弱さ・儚さがあったと思うんです。

私はクラリスの、その弱い部分がとても好きだった。

それにレクター博士クラリスに興味を持ったのもその部分なのではないのかな?

 

だからレクター博士クラリスへの執着がおかしく感じる。

気に入ったもののためにボランティアをするとは作中言ってましたが、しっくりきません。

前作の流れで「ほら、あの二人仲よかったでしょ?」と納得させようとしてきますが、ほら、クラリス違う人ですし。。。

弱さが見え隠れする前作のクラリスなら、彼女のとまどいも見たい興味もあってやりそう。

彼女の意思の硬そうな真っ直ぐな瞳が揺れるのはとても楽しいだろうと思う。。。

全てハンニバルクラリス設定のせいです。

 

それにしても、レクター博士が優しすぎて気持ち悪いのはなんでしょうか。

電話に喜び、手紙を出し、プレゼントをし、クラリスを困らせる男を殺す。

レクター博士クラリス愛の濃さに関しては、作者の思いが乗りすぎたのかな?

・・・でもまあいい。

博士のキャラ自体は変わっていないから、「実はそうだったのかな、説明がないけど」と納得出来ます。

 

愛なのか共感なのか、二人が通じ合ってしまう感情はなんなのでしょうか。

明確に描かれるとなんだか薄っぺらく感じる。

見た人の判断に委ねられる関係は、とてももどかしくてセクシーだった。

 

原作は全く違う結末というのを読んだので、とりあえず原作を読んでみようかなと思っています。

作者がジョディを頭に描きながら書いたというコトですし、私もあのクラリスの姿を描きつつ楽しんでみます。

自分の頭の中と話し合いたくなる!脳内ポイズンベリー

脳内ポイズンベリーレビュー。

もやもや、キュン、もやもやもやもやもや

 

 

あらすじ

30歳目前にして、飲み会で23歳の男・早乙女に一目惚れしてしまったいちこ。後日、駅で偶然彼を見つけたいちこの脳内では、声をかけるべきか否か、意見が対立していた。

 

ネタバレあり。

f:id:saori9028:20151117001020p:plain

 

邦画の恋愛映画。癖がありそーと思いつつみはじめたら、

はじまってすぐ脳内会議描写。開始から???でいっぱい。

そして、同感な部分は多いけど、面倒すぎるアラサー女子の脳内。

ネガティブの声が大きすぎて、気持ちは分かるけど長く見ているうちにどんどん鬱陶しくなってくる。

しかも脳内会議の議長役が男だから、あまり主人公(いちこ)の思考って気がしない。映画って感じだ。

 

早乙女くんがいちこのためにアート作品を作ってくれたり、いちこの家まで歩いて家に来てくれたり、

越智さんからの告白宣言や突然のキスなど、
少女漫画ならではのキュンキュン描写も多数あって胸がドキドキ出来る。


でもやはり全体を通してモヤモヤする場面が多い。

中盤超えたあたりで、見なきゃよかったと思った。

男性にはきついかも。


しかし!!

しかし!!

 

 

それを綺麗~に補う、最後の決断の心地よさ!!

いろんな思いと考えが交錯する会議シーンは秀逸。

本能は好きだと叫ぶ、

今別れるのは得策でないというネガティブ、

こういう判断をしたと思い返す記憶、

でも、先延ばしは良くないと気付いている。

好きな人といることではなく、その人といて自分が好きになれることが一番の幸せ。
自分の一部を殺してまで一緒に居るのは良くない。

自分を殺さないこと、自分を好きになることが大切なんだと気付かされる映画だった。
自分もそういう風に過ごそう、と明るい気持ちになれた。
f:id:saori9028:20151117000951j:plain

越智さんのキスをスルーされ、告白宣言を無視されたことに何か思わなかったとでも?!というセリフには胸が傷んだ。。。
告白宣言スルーって、辛すぎる、、、ww

あといちこ役の真木ようこさん可愛すぎ。
いつもびっくり顔でかわいいショートに帽子、
ほんわかした雰囲気で可愛すぎ!!!
可愛すぎて、グダグダ脳内会議とイメージが合わないくらい笑

オススメロックバンド思いつくまま3つ集めてみた

昔からロック、主にJロックが好きでして、よく聞いています^^

ロックっていいんですよね、テンションが上がるし、陶酔できる笑

思いついた 順に、ロックバンドを書いていこうと思います。

紹介文と、推し曲。順番に意味はありません。

 

 

1.クリープパイプ

ごく最近聞き始めたばかりだけど、はまりそう!

ハイトーンボーカルとメロディアスなギター。KANA-BOONを彷彿とさせる・・・というか、こういうのが流行ってるのかな?

 

「おやすみ鳴き声、さよなら歌姫」

声と曲調があいまって、むねにぐっと来ます。

 

 

2.SAKANAMON

サカナモンの好きな所は、ズバリ声。

シャウトするときの声が男らしい!!

全員のファッションもいかにも大学生みたいで、あいまってバンド全体から若さとエネルギーが感じられる。

個人的には和な歌が似合いそうなんだけど、どうかな。

 

「ミュージックプランクトン」

サカナモンをすすめるときは、まずこの曲。名曲!

 

「ぱらぱらり」

個人的に、ボーカルの声を堪能出来る歌詞と曲調。歌詞は卒業っぽくてすごく良いのに、全くそれと関係ないこのPVはもうちょっとどうにかならなかったのか・・・笑

こういう映像を作っちゃう辺りが、なんだか若々しい気がする。

 

 

3.ASIAN KUNG-FU GENERATION

 自分の大学時代の思い出がぎっしり。

ゴッチのうまいとは言えないのに惹かれてたまらないボーカルと、どこか物悲しいような、切なくなるようなメロディライン。

なぜか、昔から私の厨二心をガリガリ刺激してきます笑

創作活動するときにアジカンを掛けると、なんだか進みやすかったりします。

 

「振動感」

厨二心を一番くすぐるのがこの曲。

きみが嘆く、胸が痛んでる、の部分がたまらない。ゾクゾクします。

 

アフターダーク

PVと歌詞があいまって、社会人の胸にグサグサささると思うんです。

夢なら覚めた だけど僕らはまだ何もしていない 進め!

 

 

時間がなくなったので、ここまで!

続きはまた♪♪

羊たちの沈黙が信じられないくらい最高の一本で驚いたレビュー

「何もかもが不安を掻き立てる、まさに至高のサイコサスペンス」

(ネタバレ注意)

 

評価:★★最高!

 

 

名作名作と言われ続けている作品だから、心して見ました。

 

見ている間中、レクター教授の魅力に圧倒されっぱなし。この悪役は新鮮で刺激的で魅力的で恐ろしくて・・・とんでもないキャラクターだなと感服します。

 

ただ、映画が終わって作品を反芻すると、脚本・演出・配役・全ての出来が信じられないくらい良いことに気づけます。

 

つまり、この作品の魅力の功績はレクター博士だけなのではなく、

脚本や演出といった、構成要素全てだと言いたいです。

 

 

まず、主演のジョディ・フォスターの可愛さにびっくり。

近年の年を重ねた姿しか見たことがなかったので、衝撃の可愛さでした。

でもこの可愛さは、実は「演出」によってさらに強く印象付けられてたもの。

 

開始早々、男ばかりのFBI施設をポニーテールで背が低いキュートなクラリスが歩き回る。

特にこの演出の目的がわかりやすいのは、エレベーターに乗るシーン。

頭1〜2つ分の身長差があるムキムキ男子の真ん中に、ぽんと入り込む。

クラリスの可憐さを一層引き立て、視聴者に「なんて可愛い主人公だろう」と思わせてくれます。

 

その後、実際クラリスの立ち位置が「美女すぎるFBI研修生」と語られ、「あーやっぱりね」となるわけです。

素晴らしい。

 

 

そして「クラリスが可愛い」、

これもサイコスリラーを盛り上げる一役をかっていると思います。

 

「美人だからこその男からの視線の暴力に晒され続けてきた結果、

男に警戒心を抱いている。」

刑務所での気丈に振る舞いながらも怯えが隠せない歩き方、

「上司がお前とやりたがっている」と言われた後の微妙な上司への態度の変化、

保安官たちの中に一人残されたクラリスの視線の動き。

 

語られる訳ではないのに、視聴者にクラリスの警戒が伝わり、

見ているこちらが、画面に出てくる男に警戒をし始めてしまう。

安全な場所なのに、何かが起こるのではないかとドキドキする。

視聴者の不安をこんなところでも掻き立ててきます。素晴らしい。

 

 

クラリスと殺人犯との争いのシーン描写も素晴らしい。

逃げた犯人を追う、現れるドア、ドア、ドア。

開けるたびに緊張の連続。

何度もなんども引っ張られ、このドアの向こうにいるのでは・・・いない。

さらに実践前の研修生の緊張を素晴らしい演技力で見せてくれるもんだからもう、

視聴者、緊張を解くことができません。見てるだけで胃が痛くなりそうですwww

 

そして最終的に、暗闇にされるクラリス

クラリスからは見えていないのに、犯人からは暗視スコープで丸見え。

このシーンなんと、犯人目線で見させられます!!!

クラリスの手が震え、怯える様子。そして犯人の興奮し、楽しんでいる様子。

 

なんて素晴らしい見せ方なんだろう。。。

結局銃撃もなく暴力もないのに、こんなにハラハラさせられる犯人を追うシーンは見たことないです。

 

 

そしてなによりも、この映画の後味の素晴らしさといったらもう・・・。

 

よくよく考えると、解決したのは殺人事件だけで、

しかも犯人の本当の動機を聞く前に銃殺。動機は闇の中。

(追記:よくよく画面を見ると、ありましたね動機となった制作途中の物が。)

 

クラリスの心の中の羊たちの声も、

上司から想いを寄せられている疑惑も、

レクター博士の行方も、

犯罪心理学も、クラリスの過去も未来も

示唆されるだけで、描かれません!!!

 

不安でいっぱいなのに、「その後はあなたの想像の中でどうぞ^^」

という終わり方!!!ほんと素晴らし!!!!!!!

 

おかげで不安で不吉な想像は映画館を出てからも続きますよね・・・。

 

個人的にはスカッと終わるストーリーが好きですが、

エヴァンゲリオンのように心に謎を残したまま終わる手法のほうが、

今後思い出す確率が上がるのは確かだと思います。

 

 

さてさて、最後にレクター博士について。

みんな語っているだろうけども語りたくなりますよね、このキャラクターについては!

 

監獄で、はじめて対面するシーン。

ただのおじいさん、ではない、圧倒的な負の存在感が・・・。

 

表情、知識の見せ方、立ち振る舞い。

個人的にはなによりも話し方が素晴らしい。

吹き替え版はまだ見ていないけど、ここまで美しく怖い語り方をされたら、

日本語版とかどうすんのって担当は泣きそうになると思います。

 

クラリス犯罪心理学を学びに行ったのに、

逆にレクター博士に心理を研究されてしまう。

どこまでも手のひらの上、この圧倒的なレベルの差の恐怖。

 

もう、正直かっこいい・・・・・・

こんな素晴らしすぎる悪人キャラクターを作られたら、その後の映画史に影響及ぼしまくってしまうこと請け合い。

 

 

それにしても、レクター博士にとって、クラリスはなんだったんだろう?

はじめは興味、そして感心。

クラリスの過去の話も聞き、どこか心を惹かれたのでしょうか。

そうだといいな。

二人は気付かぬうちに、心を通わせていた、と思っています。

 

クラリスレクター博士に「本当の名前を教えて!」と詰め寄るシーン、

どなって詰め寄るだけで教えてもらおうとするなんて、

これまでの手順からすると、雑すぎてありえない。

 

「私には教えてくれる」という自信と信頼が見えます。

私は、クラリスレクター博士に甘えたんだ、と思います。

 

殺伐としてるシーンだけど、なんとも可愛いじゃないか・・・っ。

 

レクター博士が最後に資料を返す際に、

資料の隙間からそっと撫でたクラリスの指。

たまらなくセクシーで、なんとも思わせぶり。

 

クラリスレクター博士の交流からこのシーンまでの経緯だけを突き詰めると、

プラトニック恋愛映画とも捉えられなくもないからすごい。

 

 

サイコサスペンスとしても、

キャラクターの魅力にしても、

脚本・映像・演出といった映画的魅力にしても

最高ランクの映画でした!!

 

名作をどうもありがとうございました!!

 

 

 

 

映画情報

羊たちの沈黙』(ひつじたちのちんもく、The Silence of the Lambs)は、1991年公開のアメリカ映画。監督はジョナサン・デミ。原作はトマス・ハリス同名小説。主演はジョディ・フォスターアンソニー・ホプキンス

第64回アカデミー賞主要5部門を受賞。アカデミー賞の主要5部門すべてを独占したのは『或る夜の出来事』、『カッコーの巣の上で』に次いで3作目である。

 (wikipediaより)

あらすじ

カンザスシティ (ミズーリ州)ほかアメリカ各地で、若い女性が殺害され皮膚を剥がれるという連続猟奇殺人事件が発生。逃走中の犯人は“バッファロー・ビル”と呼ばれていた。

FBIアカデミーの実習生クラリススターリング(ジョディ・フォスター)は、バージニアでの訓練中、行動科学課 (BSU)のクロフォード主任捜査官からある任務を課される。クロフォードはバッファロー・ビル事件解明のため、監禁中の凶悪殺人犯の心理分析を行っていたが、元精神科医の囚人ハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンズ)は、FBIへの協力を拒絶していた。クラリスはクロフォードに代わって事件に関する助言を求めるため、レクターの収監されているボルティモア州立精神病院に向かう。

 (wikipediaより)

 

ハンニバルも見たので、感想を書きました。

熱量がかなり違いますが、よければ!

saori9028.hateblo.jp

はじめての投稿

あずきーなです。

何かをはじめたいです。
地味なわたしですが、注目をされる何か特技を育てたいと日々思っています。

それが楽器なのか、ダンスなのか、漫画に関するものなのか、コスプレなのか、イラストなのか、何か人に教えられる特技なのか。
何でもやればいいじゃん!という話も聞きますが、
狭く深く育てたいとも思ったり。

いろんなことを考えているわたしの思いと知識をブログにかき初めてみます。
なるべくプラス発言を心がけます!

はまりやすく冷めやすい、
サブカル好きなオタク気質、
そんなわたしの、色々な書き始め。